【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/07/04 05:00

二社の神棚は数が少ないのは今に始まったことではありません。

しかし、一昔前までは今より種類もありました。

一社、二社、三社、四社、五社、六社、七社、八社・・・全てあった。

でも一社と三社が主流で残りました。

二社神棚の祭り例

二社の需要の多くは大黒様、恵比寿様関連です。

そのため打ち出の小槌を付けてある。

限定されているものではないので何に使ってもいいんですけどね、七福神が多いかな。


恵比寿大黒はメインとなる神棚とは別にしておくことが多いようです。

そのため二社の神棚が必要になる。

七福神用に七社を用意する人もいますが稀です。


やはり大黒、恵比寿は二大巨塔。

あこがれも含めて側に祭っておくとあやかれる。

そのとき祭っておくと賑やかで明るくて良い運気を引き寄せられるということです。



二社大黒 小型サイズ 尾州桧製
https://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana0061/
神鏡1.5寸と神具一式極小セット 国産神具
https://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana-micro-001/




興味のある方は是非ご覧ください。

最終更新:2018/07/04 05:01

コメント 0件

ページ上部へ

おまかせ工房 神棚 上敷 簾<wbr /> 専門店

カレンダー

2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 

過去の日記

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月