【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2016/10/12 05:50

色彩の多い真榊ということもあって、その神具の意味合いより彩りを求めて置く人も多いかな。

パーンと鮮やかさになります。

ただ、真榊もプラスティック製などもありますので、木製の方がよければコレ。

後からでも台と軸は交換できますが、初めから木製軸、木製台の方がいいと思う。

真榊 木製台軸

左右の位置関係は決まっている、決め事のある珍しい神具です。

神具って置き方にはこれと言った決まりごとがない。

決めるとすれば本職の人たちとか、各人で決める程度の話です。


それと榊の交換が面倒になってしまう人にも真榊はいいかもしれない。

それは人間、わかっちゃいるけど・・・・生榊の交換は億劫になりがち。

そんなときには真榊を代用してください。


神道祭壇など大きな祭壇の場合には三本台を使いますが、多くの場合には小さな真榊で十分です。

左右にポン、ポンと置いておくだけ。

箱宮の場合には一番小さな真榊で十分です。



真榊を置いてみよう 木製台軸仕様
https://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana3401/



興味のある方は是非ご覧ください。

最終更新:2016/10/12 05:51

コメント 0件

ページ上部へ

おまかせ工房 神棚 上敷 簾<wbr /> 専門店

カレンダー

2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

 

過去の日記

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月