【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2015/07/17 05:30

広い部屋、特に和室になるとその数も減ってきて、今では田舎でちらほら見られる程度です。

12畳間、14畳間、16畳間などは余り見かけたことがないかもしれない。

多くの場合には6畳間、8畳間だと思います。

部屋割りをするとき、家庭では12畳など広すぎて使いづらいんですよ。

12畳、14畳などの上敷きござの製作

まぁそれでも集団を受け入れる旅館などでは12畳ぐらいの部屋は用意していることもありますね。

少ないお客さんでも部屋がなければそこを使ってもらう、でもこれは無駄になる。

学生サークルでみんなで泊まりにきたりするとき、使うみたいですけどね。


畳の部屋の場合、畳替えをするより上敷きござを敷いておくほうが取り替える時安い、便利ということでよく使います。

ただ、何十畳でも作れるというものでもなくて、大きくても16畳が限界かもしれない。

大きくれなれば糸に力が加わってくるのでね。


おまかせ工房では16畳サイズ以上の上敷きは作らないようにしています。

それなら8畳を二枚にして敷いてくれということですね。

料金変わらないし、その方が何かと便利だと思う。



12畳、14畳、16畳などの上敷きござの製作
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000289/



興味のある方は是非ご覧ください。

最終更新:2015/07/17 05:31

コメント 0件

ページ上部へ

おまかせ工房 神棚 上敷 簾<wbr /> 専門店

カレンダー

2015年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

 

過去の日記

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月