【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2015/02/24 05:40

典型的日本建築では床の間の横には天袋のついた空間がありますね。

小さな神棚を天袋に祭りたい人もいれば、地袋板にダイナミックに祭りたい人もいるわけですよ。

床の間に比べるとコンパクトになるかもしれない。

そのとき神前御簾を掛けておくわけです、これがキマリます。

神前用のすだれ、仏前用のすだれ

神棚丸見えの状態でも一向に構わないんですけどね、目隠し程度に考えておくといいでしょう。

というより、神社へ行けばお馴染みのすだれです。

普段は丸めて鍵に引っ掛けておきます。


神前で使うときには黄色く染めておくことが多く、仏前で使うときには染めないことが多い。

縁については赤色でも緑色でも、、、これは好みになります。


和室 天袋 神棚

例えば、このような場所に御簾を掛けたいときには、一枚で作りますね、左右二枚にするには狭いと思います。

こういう和室にあるスペースに目線ぐらいで神棚を祭っておきたいときに使うと神前御簾の魅力がわかると思う。

作るのに時間がかかります、二週間はしっかり掛かるので、できれば三週間ぐらいみておいて欲しいです。



神前用のすだれ、仏前用のすだれ
https://item.rakuten.co.jp/omakase/misu_shin60x90/




興味のある方は是非ご覧ください。

最終更新:2015/02/24 05:41

コメント 0件

ページ上部へ

おまかせ工房 神棚 上敷 簾<wbr /> 専門店

カレンダー

2015年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

 

過去の日記

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月