【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2014/11/04 05:00

かがり火と焚き火を厳密に説明できる人はまずいない、イメージと置き場所の違いぐらいだろうか。

それだけ似て非なるものってことなんでしょうけど、とかく神社仏閣には置いてある。

灯火として使うほど明るいものではないけど、灯火でもある。

提灯でもなく雪洞でもなく行灯でもなく、室内で使うことはまずない篝火の魅力。

神具 かがり火 篝火

屯所(とんしょ)なんて言葉はいまどき使わないけど、たむろっている場所のこと。

こういう場所には篝火を置いていたわけだけど、要は松明(たいまつ)ですね。

入り口には欠かせないアイテム。


現代で玄関先や店先に本物の篝火をしているところは稀。

一部、飲食店やホテルでやっているところを見かけたことがあるけど、メラメラ光だけだしているところが多い。

しかし、これ、本物のかがり火の許可申請って消防に届け出るんだろうか?


神棚でもかがり火を使う。

店長が知る限るでは、形だけ置いている人が多いかな、ローソク差してあるだけ。

昔は火を灯したままにしていたそうだけど、万一のことも考えて形式だけって風潮に変わりつつあるようだ。


神具 かがり火 篝火
https://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana3301/




興味のある方は是非ご覧ください。

最終更新:2014/11/04 05:01

コメント 0件

ページ上部へ

おまかせ工房 神棚 上敷 簾<wbr /> 専門店

カレンダー

2014年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

 

過去の日記

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月