【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2014/05/02 05:50

神棚の世界は一社、三社、五社、七社と分かれている一方で、大黒がらみは二社があったりもします。

基本は奇数で飛んでいきますが、理由についてはわかりません。

三社が代表的かもしれませんね。

今回はそれより大きな五社を紹介してみたいと思います。

屋根違い五社

気分的要素も含むと思いますが、神札を何枚も重ねるのがどうも嫌だという場合には一社づつ一枚を入れる。

三社であっても三枚常時入れておく必要はないですね。

空いている社があっても問題ありません。


五社クラスになってくると一体何を入れればいいんだろうか?と思う人もいるでしょうし、他の人の神棚でじっくり話を聞くことも少ないと思います。

もし増えてきて三社では収まらないとき、横に一社を置くより五社にしておくほうが上手にまとまるのではないでしょうか。


行楽などで訪れたところごとに御札を頂いてくる事があるならば、何枚も持っていると思います。

そうのような場合には末社にまとめておくといいでしょう。

趣味が講じると行った先々で貰い受けることがありますね。



屋根違い五社
https://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana0022/




興味のある方は是非ご覧ください。

最終更新:2014/05/02 05:51

コメント 0件

ページ上部へ

おまかせ工房 神棚 上敷 簾<wbr /> 専門店

カレンダー

2014年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

過去の日記

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月