【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2013/08/04 06:50

地方都市に出かけるとやたらと小さな町名が寄り集まっている地区がありますが、多くの場合、そこの地域は旧市街地のような地区発祥の場所であることが多いですね。
ぶらり旅をしてみるとその辺の知識があるとモノの見方が増えて案外楽しかったりもします。

江戸時代の後期で日本の人口が3000万人弱ぐらいですので、どうしても城下町周辺に人が密集しています。

そこで静岡県沼津市も東海道の宿場町のひとつで人の往来のあった場所ですが、中心市街地はこんな世界でしたという催しがありまして、店長も聞きに行って来ました。

なにやら当時の陣屋で出された料理を当時のレシピで作ったものが出てきたりして、一風変わった催し。

先生が一人きてあれこれと沼津の街って昔はこんなでしたという話が中心ですが、歴史好きの人も店長のつたないブログを見てくれているかもしれませんので、以下、まとめ。


陣屋って何だ?と思って聞いてきたら、殿様ご一行が泊まる宿のことらしい。
 東海道五十三次駅伝大会なんかあったら面白いかも。
 いやダメだ、こんな企画を実施してしまうと幹線道路を止めてしまうぞ。。。。


東海道と沼津宿
1.沼津宿の成立
 
・慶長6年(1601)徳川家康は東海道の各宿に伝馬の定めを出す。   
ア. 宿には伝馬36疋を常置すること
イ. 馬数1疋につき居屋敷30坪の地子(屋敷にかかる税)免除する
ウ. 伝馬1疋の積荷は30貫以下とする など5ヶ条の定めを出した。
  
これにより沼津宿は東海道12番目の宿駅として、川湊から発達した沼津が本町中心に、市、湊、宿の機能をもって交通流通の拠点として発展してゆく。

 ・寛永15年(1638)には常備人馬は100人100疋となる。

2.一里塚と掃除丁場
・慶長9年(1604)家康は東海道・東山道・北陸道に一里塚を築かせた。
  道路両脇に五間四方に高さ3メートルの盛土をして、その上に松や榎を植えた。
  里程の目安や馬や駕籠の乗り賃の目安となった。
 
・沼津では日吉村と松長村、原西町に設けられた。
 ・一里塚の維持管理や、往復道の整備の為に各村に掃除丁場が割り当てられた。
  沼津3町は自分たちで行った。

3.沼津の城について
ア.三枚橋城は
 ・天正7年(1579)武田勝頼は三枚橋城を築く。城将は高坂源五郎。
 ・天正10年、徳川家康の臣松平康親が三枚橋城主になる。
 ・天正18年、秀吉は小田原の北条氏を倒し、天下統一すると中村氏次を城主とする。
 ・慶長5年(1600)関ヶ原の戦で徳川家康が勝利すると、翌年大久保忠佐を城主とする(2万石)。
 ・天正18年(1613)忠佐が亡くなると後継ぎなく、城は廃城となる。
 ・寛永18年(1641)城跡の屋形が火事で焼失、以後田畑になる。
  ※城下町としての側面は失われ、宿場町として本町中心ににぎわう。

 イ.沼津城は安永6年(1777)水野忠友が2万石の大名として沼津藩の成立。
   城を築く。
  二代目忠成のときに5万石。
  八代目忠敬の時に明治維新で、菊間(千葉県)へ移る。
  沼津は静岡藩の支配となる。
  明治4年7月の廃藩置県で静岡県となる。

4.沼津宿の内容
その1:範囲・・・三枚橋・上土・本町
 ・文化3年(1806)成立の「東海道分間延絵図」より見ると
  日吉村との境の浪人川の橋~狢川に架かる札辻橋~下町~川廓町~上土町~通横町~上本町~下本町~浅間町~出口町~草刈川の橋まで20町35間(2.2キロ)。

 その2:元禄元年(1688)作成の「沼津宿絵図」によると
・三枚橋町 77軒 ・上土町 120軒 ・本町 313軒 ・合計510軒
 ・本陣 2軒 ・脇本陣 4軒 ・旅籠78軒 ・茶屋13軒
 ・510軒中 220軒 伝馬役 ・186軒 人足役 ・85軒 船役を勤める。

 その3:三町の構成
  ・安永7年(1778)の三町の構成

沼津石高

 沼津三町の構成
 その4:「東海道宿村大概帳」によると、天保14年(1843)には
    宿内人別・・・男2663人 女2683人 計5346人
    宿内惣家数・・・1234軒 内 本陣3軒、脇本陣1軒、旅籠55軒

 ・本町は、延宝検地(1673~1681)ころは上本・下本・通横・魚町・仲町・くまたか町・新町・下小路・宮町・下河原・出口・浅間の12か町、幕末から明治にかけて、大門・東宮後・栄町・市道(五反田)・沼津新田が加わり18か町となる。
    多くの御用商人や旅籠、神社の存在。
 ・上土は、上土・川廓・志多・新裏・八幡・七反田の6か町。
 ・三枚橋は、三枚橋・平・新田の3か町。
 ・城内(明治5年にできた町)は条内・追手・片端・添地・町方・西條の6か町。

 その5:旅籠・本陣について
 ・天保年間(1830~1844)には旅籠55軒、大旅籠は上本町の元問屋、新問屋、下本町の藤田屋など18軒、間口6間~10間、玄関有。中旅籠21軒、小旅籠は16軒。
   平屋や二階屋。

 ・本陣・脇本陣は幕府の役人や、大名の宿泊施設、帯刀許可。
  天保年間には下本町の清水(281坪)・間宮(242坪)、上本町の高田(174坪)の3軒。
  脇本陣は上本町の中村(とらや)の1軒で建坪151坪。
  平屋・上段の間などあり。
  (脇本陣には玄関や門のない家とか二階屋などがあった。)

 その6:「御大名帳」(沼津宿本陣清水屋)寛文10年(1670)によると、
 ・寛文10年、大名や諸家の清水本陣利用回数は130数回で、9割は宿泊している。
 ・通行の用向きは参勤交代や大坂城・二条城・駿府城の城番の交替、幕府の使い等。(「沼津市史通史編 近世」より)

 その7:問屋場は
 ・通横町に置かれ、本町・上土・三枚橋が1ヶ月を10日ずつに割って勤めた。
 ・「東海道宿村大概帳」(天保14年 1843)によると
   問屋場3人・年寄5人・帳附6人・馬指3人・人足指3人・馬呼1人がおり、日々、問屋1人・年寄1人、帳附2人・馬指1人・人足指1人・馬呼1人が勤めたとある。
 ・慶応4年(1868)「上土町明細帳」によると
  日々、問屋1人、年寄2人、勘定番1人、帳付1人・馬指2人・人足指2人・下働きの者2人が勤めた。


追記

2013年7月19日(金) 静岡新聞 朝刊
ディスカバー本町



神前幕 巴紋・・・武家の家系に多い紋所
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000514/


興味のある方は是非ご覧ください。

最終更新:2013/08/04 06:51

コメント 0件

ページ上部へ

おまかせ工房 神棚 上敷 簾<wbr /> 専門店

カレンダー

2013年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

過去の日記

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月