おまかせ工房 外宮|神道|祭壇宮|御霊|地蔵堂 専門店。好評販売中です。Sinto in Japan          
omakase-factory omakase-factory omakase-factory omakase-factory omakase-factory omakase-factory omakase-factory omakase-factory omakase-factory omakase-factory omakase-factory omakase-factory omakase-factory omakase-factory omakase-factory
ボーダー
上敷きの特注製作も可能です
おまかせ工房

神棚・神具一式・い草上敷きござ・お座敷すだれの専門店。おまかせ工房

神道用品

御霊

外宮・神道祭壇

ここでは外祭用品を主に紹介しています。
一般家庭でもまれに使われたりしますが、用途としては本格的に祀ることを主にした場合です。
外宮などはサイズも大きく、また銅屋根なので室外で使用することを目的としております。
法人用途や自治体などで多く利用されて、また個人宅の場合には庭に備え付けて祀ります。
ほとんどの製品が受注生産となっておりますので、製作にはその製品に見合った納期がございます。
まずはお問い合わせください。
納期につきましては、その時期により多少伸びたり縮まったりします。

外宮(げくう)

伊勢神宮には皇大神宮(こうたいじんぐう)と豊受大神宮(とようけだいじんぐう)という建物があります。

・皇大神宮を内宮(ないくう[Naikuu])と呼びます・・・・・天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る
・豊受大神宮を外宮(げくう[Gekuu])と呼びます・・・・・豊受大御神(とようけのおおみかみ)を祀る

天照大神・・・・・太陽を神格化した神様
豊受大御神・・・・・食物・穀物を司る女神様

田んぼ・畑の周辺に何かをお祀りしている社を見かけたことはありませんか?
それが外宮です。
または広大な土地を必要とするために田畑を買い取って建てた倉庫や工場などの一角などにもあります。
町内や自治体などにもよく見かけます。
意外と身近にあるものです。

地蔵堂 [外宮]
地蔵堂 [外宮]


特選祭壇宮 [神道]
特選祭壇宮 [神道]


極上祭壇宮 [神道]
極上祭壇宮 [神道]


特製祭壇宮 [神道]
特製祭壇宮 [神道]


特上祭壇宮 [神道]
特上祭壇宮 [神道]


御霊舎 [神道]
御霊舎 [神道]


御霊各種 [神道]
御霊各種 [神道]


祭壇宮用八足台 [神道]
祭壇宮用八足台 [神道]


大角・雲脚台・三宝丸型 [外祭]
大角・雲脚台・三宝丸型 [外祭]


灯籠・雪洞 [外祭]
灯籠・燈籠 [外祭]


外祭用調度品
外祭用調度品


台座(人造石) [外宮]
台座(人造石) [外宮]

【神具】おみくじ箱 高さ25センチぐらい【神道】 【神具】地鎮祭 鎮物(しずめもの)[桐箱入り 七種一組]【神道】 【神具】御霊・錦覆付  高さ6寸【神道】 【神具】一段組立式 八足台・八脚案 2.5尺 スプルース製(北米産桧)【神道】 【神具】緋袴(ひのはかま/ひばかま)[巫女]【神道】

祭壇宮(御霊舎)と御霊(霊璽)について

神道では人の御霊(みたま)は祖先の神様から出て、祖先の神様の所に帰るのだと言われています。
 そこで亡くなった人の御霊は祖先の神様の所に帰り私たちを守ってくださるのです。
 それ故に霊璽に御霊を留めて、先祖代々の神様と一緒に祖霊舎の中に祀るのです。
 その御霊を霊璽に移すまつりが、通夜祭の前に行われる遷霊祭であります。

霊璽は仏教の位牌にあたるもので、白木の木主が一般的で、その他鏡や霊代幣串など用いられることもあります。
 木主にも角形、扁平形、片木形などがあります。
 表面には「○何某命之霊」、裏に「年月日帰幽享年何歳」と墨書します。
 葬儀から五十日祭までは、霊璽に特別に飾られお祀りしますが、  五十日の忌明けが終わると御先祖の霊と一緒に祖霊にお祀りします。

祭壇宮(祖霊舎)は御霊家(みたまや)と呼ばれ、金具類はできるだけ省き簡素な造りにしますが、  仏式の仏壇に当たるもので、その中に祖先の霊璽を祀ります。

祖霊舎は神棚より少し下げて、別に設けるようにします。
 常に家人が礼拝しやすい場所を選びます。
 祖霊舎に霊璽を祀る時、父母、祖父母、曽祖父母と並べて祀ります。
 祖霊舎が小さい場合など、片木形の霊璽に書きかえ管の中に納めて祀り(仏式ではくり出し位牌という)、  年祭の都度前にとり出すようにします。

神道の御霊祭は、死後十日ごとに行われ、十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭とお祀りします。
一般的には五十日祭で忌明けとします。
次いで百日祭が行われます。
年祭は、一年祭、二年祭、三年祭、十年祭と続き、以下五年目ごとか、十年目ごとに行われ、五十年祭に至ります。
年祭には神職に祭詞を奏上してもらい、御霊を慰めると共に、より高い祖神になって頂くよう祈ります。

※語句の説明
れいじ【霊璽】1 天子の印章。御璽(ぎょじ)。2 神や死者の霊の代わりとして祭るもの。御霊代(みたましろ)。
ごりょう【御霊】1 霊魂をいう尊敬語。みたま。2 貴人や功績のあった人を祭る社。3 「御霊会(え)」の略。
それい【祖霊】先祖の霊。

Contribute toWorld Health Organization    Participating in thewikipedia   jinjahoncho神社本庁    Powered bysun
JAPAN 会社概要 | 当サイトについて | プライバシーポリシー | 問い合わせ | Copyright © Omakase-Factory Inc. All Rights Reserved.