お神札について

年末になりますと、神社から新しいお神札が配られます。伊勢の神宮のお神札(神宮大麻)と氏神様のお神札です。受けたお神札はふつう床の間にしばらく置き、家中の大掃除をして、神殿も綺麗にしてから納めます。

古いお神札は、神社の古札納所へ納めます。 この古いお神札は、一般にお正月のお飾りなどとともに、清らかな火で焼きあげられます。 この行事は、地方により「どんど焼き」とか「左義長」といわれ、民間行事として有名になっているものもあります。

ではどうして、毎年お神札やお守りを新しくするのでしょうか?。 このことは、お正月に神様が、家々を訪れるという信仰に関係があります。 毎年、神様を迎えるにあたり、門松を立て、地方ではお正月棚を飾ります。門松は、松と竹を中心に青々と綺麗に飾ります。お正月棚を吊るところは、もう少なくなってしまいましたが、座敷の中央に恵方から歳神様が、やってこられるというからです。

お正月棚には、真っ白い御弊、真新しい注連縄を張り、鏡餅やいろいろなお供えがなされます。 神様をもてなすのですから、やはり綺麗で清々しくなくてはなりません。新しいものなら、なお結構です。 私たちは新しいもの、若々しいもの、明るいものを古来尊重してきました。 これらのものに宿る生命の息吹を感じ、躍動する精気を尊び大切にしてきたのです。 しかし、一般の家庭の神殿や神社の社殿を毎年新しくすることは不可能といえます。 ですから、できるだけ新しい清々しく保とうとします。生命が枯れないように努力します。

伊勢の神宮では式年遷宮(しきねんせんぐう)といって、20年毎に社殿の神様の御装束・神宝など一切のものを新しくするという祭儀があり、もう1300年もの間続いています。こうした20年毎の制度が生まれて、この一大祭儀が長い間たくさんの人々の努力によって守り続けられてきたのは、常に若い生き生きとした、生命の輝きを最も大事なものとしてきた結果でしょう。 古くなり、色あせてしまうから20年毎に新しくし、生命のよみがえりを信じていってきたのです。

当然のことながら、建物が新しくなれば、神様の力もよみがえります。毎年、私たちの家庭でも、同じことを繰り返しているわけです。 神殿を清め、新しいお神札をおまつりすることによって、神様の力がよみがえり、そのおかげで家族みんなが、はつらつとして生きる力に満ちてくるのです。もちろん、そこには、お正月に神様が訪れるという信仰が生きてきているのです。
Shinto 神道
Shinto 神道

01・神棚について(内祭)家庭の神様
02・内祭用神殿のまつり方
03・神殿の舗設(ほせつ)と、注連縄(しめなわ)、榊(さかき)、その他
04・神座について(お神札の納め方)
05・お供え物と、器、供え方など
06・神殿を拝する作法・二拝二拍手一拝
07・祓詞(はらえことば)
08・神殿拝詞
09・お神札について
10・History of the Kamidana

[まとめのまとめ]