祓詞(はらえことば)

かけまくもかしこきいざなぎのおほかみつくしのひむかのをどのあはぎはらに
掛巻も恐き伊邪那岐の大神筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に
みそぎはらひしときになりませるはらひどのおほかみたち
御禊祓ひたまひし時に生り坐せる祓戸の大神たち
かむながらなるおほみちのなかにうまれてありながらそのみかげをしふかくおもはずて
惟神なる大道の中に生まれて在りながら其御蔭をし深く思はずて
すめかみたちのみめぐみをおほろかにおもひたりしときにあやまちをかせるはさらなり
皇神たちの御恵みを太呂加に思ひたりし時に過ち犯せるは更なり
いまもつみけがれあらむをばはらひたまひきよめたまへとまをすことを
今も罪穢有らむをば祓ひたまひ清め給へと白すことを
やほよろづのかみたちともにきこしめせとかしこみかしこみもまをす
八百萬の神たち共に聞食せと恐み恐みも白す


祓詞の大意

伊邪那岐神は、黄泉国(死者の住む国)へ行って、汚れたため阿波岐原という浜辺で禊(みそぎ)を致しました。その時、たくさんの神々が誕生になりました。この神々を祓戸大神と申しますが、その神徳によって私たちの犯した罪や心身のけがれを祓い清めてて下さい

と申し上げるのが、この祓詞の大意です。
Shinto 神道
Shinto 神道


01・神棚について(内祭)家庭の神様
02・内祭用神殿のまつり方
03・神殿の舗設(ほせつ)と、注連縄(しめなわ)、榊(さかき)、その他
04・神座について(お神札の納め方)
05・お供え物と、器、供え方など
06・神殿を拝する作法・二拝二拍手一拝
07・祓詞(はらえことば)
08・神殿拝詞
09・お神札について
10・History of the Kamidana

[まとめのまとめ]